CSR情報 - 青野建設株式会社

CSRヴィジョン

青野建設株式会社は、1967年創業以来「信頼と誠意」を会社理念として横浜市を地元として地域の皆様に貢献して 参りました。今後も豊かな経験と確かな技術で皆様の多様なニーズにお答えし、地域の発展に貢献してまいります。

                              代表取締役 青野 一稔

1.

社会規範、企業人としての倫理を常に念頭において行動し誠実かつ公正な事業活動を遂行します。 (コンプライアンスの徹底)


2.

安全の基本は技術にあるとの信念に基づき、安全管理の徹底、工事計画時から実質的で実効性のある 安全対策を十分に盛り込み、お客様、地域、労働者の安全確保に努めます。 (工事に伴う災害ゼロを目指します)


3.

社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力および団体からの不当な要求に応じたり、利用するなどの 反社会的行為は行わず、毅然とした態度で対応します。


4.

私達は、自らが地域社会の一員であることを認識し、密接な連携、協調を図り良好な関係を維持することにより、 その責任を果たします。また自然災害など大規模災害発生時には関係先と協力しつつ、速やかな支援活動を 行います。(地域社会との共生)


地域志向CSR方針

当社がステークホルダーの皆様にとって魅力ある存在となるべく、「ステークホルダーの皆様に
対して」を当社の基本姿勢として策定し、取り組みます。

【ステークホルダーの皆様に対して】

1.お客さまに対して

・技術の研鑽と向上に務め、お客様・社会にとって安全、安心、快適な環境を
 提供します。
・人命尊重を基本に、労働災害と設備事故の撲滅を目指します。


2.取引先に対して

・良きパートナーとして公正かつ透明な取引を行います。
・工事の安全確保と、施工品質の維持向上のために連携をとります。


3.社会・地域に対して

・業務遂行の全てにおいて、法令、社会規範、社会良識、企業倫理を遵守し、倫理行動
 規範に従い行動します。
・良き企業市民として積極的な地域社系への参画・活動を推進します。


4.従業員に対して

・働きがいのある職場環境を構築します。
・人権尊重を推進し、雇用の確保に努めます。


5.協力会社に対して

・強いパートナーシップを構築すると共に、相互信頼と健全な取引関係を構築して
 いきます。


☆目標

効果的なCSRのために設定された目的及び目標の達成に力を尽くします。


☆成果の改善

地域志向CSRマネジメントシステムの継続的改善を図り、システムと地域志向
CSRの成果を一層高いものにすることを目指します。